初心者のための不動産投資全書 » プロが初心者のあなたにだけ教える「不動産投資の基礎知識」 » 不動産投資における立地の大切さ

不動産投資における立地の大切さ

ここでは、不動産投資における立地の重要性について詳しく解説します。

不動産投資の立地の重要性

一般に、不動産投資の対象はマンションやアパートなどの住居です。住居を賃借する人がいればこそ、不動産投資は成り立ちます。

ところで住居とは、言うまでもなく「人が住むための場所」のこと。「人が住むための場所」である以上、賃借するほうは、当然ながら住むうえでの利便性を重視して物件を探します。

この利便性を構成するもっとも重要な要素が立地。とくに、一人暮らしを前提としたワンルームマンションを投資対象とする場合には、立地(駅からのアクセスの良さなど)が投資の成否を左右すると言っても良いでしょう。

空室リスクを抑えるためのポイント

不動産投資を行ううえでの最大のリスクが、空室リスク。少しでも空室リスクを回避するため、投資家は立地の良い物件を購入することがポイントです。

では不動産投資における「良い立地」とは、いったいどのような場所のことなのでしょう?以下、単身者向けのマンションに投資することを前提に、不動産投資家が意識すべき「良い立地」について具体的に解説します。

通勤の利便性が良い場所

ワンルームマンションの入居者は、何よりも通勤の利便性を重視して物件を選びます。具体的には「最寄り駅から徒歩何分か?」「最寄り駅では複数路線を利用できるか?」という2点が、通勤の利便性を判断する重要なポイントとなるでしょう。

なお、最寄駅からの所要時間については、短ければ短いほど良いことは言うまでもありません。ひとつの目安として「駅から徒歩10分以内」を基準としておけば良いでしょう。

複数路線を利用できるかどうか、という点については、「可能であれば複数路線があったほうが良い」という程度に考えておきましょう。最寄り駅がターミナル駅なら理想的ですが、「最寄り駅に近い駅がターミナル駅」でも構いません。

必要な施設が近くにある場所

物件から徒歩圏内に、日常生活に必要な施設が十分にあるかどうかという点も、「良い立地」を構成する大事な要素です。

日常生活に必要な施設とは、具体的にはスーパー、コンビニ、銀行、病院、ドラッグストアなど。一人暮らしの入居者を想定した場合、室内に洗濯機を置かない例も珍しくないため、近隣にコインランドリーがあるかどうかも大事なポイントになるかもしれません。役所や役所の出張所も徒歩圏内にあれば、なお理想的です。

近隣に競合マンションが少ない場所

不動産投資家の視点から考えた「良い立地」の条件としては、購入を検討しているマンションの近隣に競合となるマンションがないかどうか、という点が大事なポイントです。入居者の視点から見れば、逆に競合マンションが多いエリアのほうがメリットが多いのですが、投資家にとっては競争相手が少ないほうが有利です。

物件を購入する際には、周辺に類似のマンションが多くないかどうか、また、今後マンションの新築予定がないかどうか等も、よく確認しておいたほうが良いでしょう。

以上、空室リスクを抑えるための立地のポイントについて4点を確認しました。

なお、これら4点を満たした物件であっても、何らかの地域的な事情で空室リスクが高いことがあります。不動産投資には、素人の視点では判断が難しいことも多いため、信頼できる不動産投資会社と組むことが何より大切なポイントです。

不動産投資のプロ
東京日商エステム中山課長

東京日商エステム 課長

中山裕嗣

将来のキャッシュフローを考えた
不動産投資を

ワンルームマンションに投資をする際には、立地は極めて重要なポイントとなります。物件価格が多少高めであっても、立地が良ければ空室リスクが低くなるため、さほどローン返済に苦労することはないかもしれません。逆に物件価格が安くとも、立地が悪ければ空室も生じやすいので、ローン返済に苦労する可能性があります。

不動産投資を行う際には、目先に投資金額にとらわれず、運用後のキャッシュフローをしっかりとイメージしましょう。将来のお金の流れを正しく判断するためには、経験豊富な不動産投資会社の助言を仰ぐことが非常に大切です。

不動産投資について他に気になる
疑問を検索
この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
  
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書