初心者のための不動産投資全書 » プロが初心者のあなたにだけ教える「不動産投資の基礎知識」 » 新築のメリット・デメリット

新築のメリット・デメリット

区分マンション投資を始めようと思ったとき、まず頭に浮かぶのは「新築がいいのか、中古がいいのか」という疑問ではないでしょうか。

このページでは、新築マンションのメリットとデメリットをプロが解説していきます。

新築イメージ

不動産投資で新築を選ぶメリット

新築は中古に比べて融資が受けやすい

喜ぶ男性イメージ

ローンの融資条件にご契約者様の年収・資金が関わってくることは、皆さんご存知だと思いますが、その他にマンション自体の評価も大きく関係しています。

一般的に、築年数が経過するほど融資が厳しくなり、金利も高くなり、頭金も必要になるケースが多いようです。

資産価値としての評価が高い新築の方が、中古よりも金利が低く、また融資が受けやすく、物件価格の100%の融資が可能な場合が多いです。

そのため、少ない自己資金でも不動産投資を始めることができます。

物件のクオリティが高く、
構造上の欠陥に対する10年保証もつく

デベロッパーが手掛ける新築マンションは、多くの土地情報から好立地を厳選し、建設を行っています。

設備、構造、耐震性能は最新技術を導入しており、より長く品質が保てるように工夫されています。

さらに、新築には10年間の住宅瑕疵担保責任保険(※)もついています。

中古物件の場合、購入時にはわからない、隠れた欠陥や経年劣化が、後日見つかることも多く、その良し悪しを見極めるのは、初心者には難しいと言えます。

※住宅瑕疵担保責任保険:新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に、保険金が支払われる制度。

参照:国土交通省 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/index.html

定年後も長く持てる

新築物件は、当然中古物件よりも、構造上建物の寿命が長いので、それだけ長く資産性を維持することができます。不動産投資を始める理由に「定年後のゆとりのある暮らし」を掲げているのであれば、建物寿命は長い方がいいでしょう。

また、建物の品質が高ければ転売もしやすく、売却で、不動産投資の出口も作りやすくなります。

不動産投資で新築を選ぶデメリット

購入価格が高い

お金イメージ

中古マンションに比べ、新築マンションの価格が高いのは当たり前のことではありますが、これが最大のデメリットでしょう。

さらに好立地の都心になればなるほど価格が上がり、利回りが低くなってしまいます。

入居者推移が見えない

中古物件の場合は、過去の入居者の推移を見て、部屋の稼働状況の確認ができます。入居と退去のサイクルを確認することで、設備の修繕やリフォームのタイミングを考えることができますが、新築はゼロからのスタートなので、そうはいきません。

周辺の同タイプの物件の入居者事例を確認する必要があります。

不動産投資のプロ
東京日商エステム中山課長

東京日商エステム 課長

中山裕嗣

新築マンションの
デメリットの少なさに着目を

新築マンションは物件価格が高い!と言われますが、逆に言えば、そこしか大きなデメリットは見当たらないということです。

そのデメリットと、金利の低さ、定年後も長く持てることなどのメリットを秤にかけ、判断していくことが大事です。

新築と中古、どちらがいいかと考えるときも、購入価格、家賃の下落幅、長期的な安定性、売りやすさなどを加味し、総合的に判断していきましょう。

中古マンションのメリット・デメリットはこちら

フリーダイヤルで
もっと聞いてみる
営業時間:10:00~19:00

東京日商エステムの不動産投資メディア
エステムマガジン

東京日商エステムでは、初心者が情報収集するのに最適なメディア「エステムマガジン」を運営中。まだセミナーは敷居が高いし…と考え中の方は、ぜひ読んでみてください

東京日商エステムの不動産投資メディア エステムマガジンのキャプチャ
不動産投資について他に気になる
疑問を検索
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
  
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書