初心者のための不動産投資全書 » プロが初心者のあなたにだけ教える「不動産投資の基礎知識」 » 一棟マンション投資

一棟マンション投資

不動産投資にもいろいろなカテゴリーがあります。

どのような物件を購入するべきなのか?リスクはどんなものがあるのかを知ることは投資をする上でおさえるべき大切なポイントです。

今回は、一棟マンションの投資と区分マンションの投資について考えていきたいと思います。

「まずは区分マンションの1室から初めて、可能であれば将来的には一棟マンションを購入できたら」、と考えている方が多いのではないでしょうか?

どちらの投資にもメリットとデメリットがあります。どちらの投資が自分の目的に合っているか考えながら読んでみてください。

【目次】
    1. 一棟マンション投資の注意点
      1. 一棟マンションのメリット
      2. 一棟マンションのデメリット
      3. 一棟マンション投資に向いている人
    2. 初心者の場合は一棟と区分どちらがおすすめ?
      1. 区分マンション投資のメリット
      2. 区分マンション投資のデメリット
    3. 【まとめ】一棟マンション投資についてのまとめ
    4. 不動産投資のプロ

    一棟マンション投資の注意点

    一棟マンション投資は規模が大きい投資です。

    一棟マンションの投資のメリットとデメリットを見ていきましょう。

    一棟マンションのメリット

    • 投資の規模が大きくなるため区分所有に比べると収益が大きい。
    • 数室が空室になった場合でも、全体の収益でカバーできる。
    • 土地の所有権が得られる。(借地権の場合を除く)

    一棟マンションのデメリット

    • 必要な資金が多額になる。
    • 修繕の費用も区分マンションに比べると多くかかることがある。
    • 物件を売りたいと考えた時に買い手がつきにくいことがある。(売買を行う絶対数が少ないため)
    • 投資額が大きいため、リスクの分散がしにくい。

    以上が一棟マンション投資のメリットとデメリットとして一般的に言われているものです。

    また、相続税対策で建てられた地方や郊外の一棟マンションへの投資には注意が必要です。きちんとした需要調査などがされずに地主さんの独自目線で、相続税対策として建てているケースがあります。

    その場合、入居者がなかなか埋まらず、投資として収益が見込めず、失敗してしまう可能性があります。

    全ての地方や郊外の中古物件の全てがそうというわけではありませんが、メンテナンス状況や管理が杜撰で、購入後に多額の出費を強いられる場合もあるため、事前の調査はもちろんの事、物件を見極める力を身につける必要があります。

    一棟マンション投資に向いている人

    区分マンション投資に比べると、一棟マンション投資は投資の規模が大きくなります。リスクも大きくなりますが、収益も大きくなります。マンション経営を事業として行なっていきたいという人や早期リタイアして不動産収入で生活していきたいという人にはおすすめの投資です。

    豊富な不動産投資の経験と知識を用いて、リスクマネジメントを行うことができれば、一棟マンション投資でも成功できる、と言えるでしょう。

    ただし、区分マンション投資と比較すると、購入時には多額の費用が必要になったり、修繕や税金などの支払いがの金額的負担が大きくなったりするというデメリットがあるということを理解しておく必要があります。

    また、投資額が大きいため、失敗した時のリスクが大きくなることも覚えておかなければいけません。

    初心者の場合は一棟と区分どちらがおすすめ?

    では区分マンション投資とはどのようなものでしょうか?

    区分マンション投資は、マンションの中の1室を購入し、賃貸用の物件として貸し出すことです。

    区分マンション投資にはどのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。

    区分マンション投資のメリット

    • 一棟マンション投資に比べると、少ない資金で始められる。
    • 立地や間取りの条件の良い物件を見つけやすい。
    • 売却したい時に買い手がつきやすい。
    • 都市部や人気のエリアで購入しやすい。
    • リスクの分散ができる。

    区分マンション投資のデメリット

    • 空室時のリスクがある。(空室時には家賃収入が0円になる)
    • マンション全体に対する決定権がない。(管理状態や老朽化)
    • 土地全体の所有権がない。

    リスクを最小限におさえ、少ない資金で始められるという点で区分マンション投資はおすすめです。一棟マンション投資に比べると、区分マンション投資を行っている絶対数が多いので物件の売却も容易である点もメリットです。

    また、人口減少について考えても、区分マンション投資が有利です。日本は少子高齢化で人口が減少しています。地方はますます人口が減少していき、都市部に人口が集まりやすくなることが考えられます。そのことからも、都市部に物件を所有することができる区分マンション投資は、長期的に考えると、将来性(今後も需要が見込める)があり初心者の第一歩には合っているといえます。

    【まとめ】一棟マンション投資についてのまとめ

    以上、一棟マンション投資と区分マンション投資について解説しました。

    一棟マンション投資と区分マンション投資、どちらにもメリットとデメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

    一棟マンション投資に比べると、区分マンション投資の方が手軽に始めることができます。サラリーマン投資家としてスタートを切るのであれば区分マンションの方がリスク少なく始められます。

    初心者のための
    不動産投資全書

不動産投資のプロ
東京日商エステム中山課長

東京日商エステム 課長

中山裕嗣

一棟マンション投資は
リスクがあるがリターンもある

不動産投資では正しい知識と経験が不可欠です。

一棟所有のメリットは規模が大きいため、その規模を活かした不動産投資ができることです。

リスクをとったとしてもリターンの大きさを重視している人には向いている投資です。一棟所有と区分所有については、しっかりとした知識をもって正しく運用するのであれば、あなたに向いている方を選択するとよいでしょう。

リスクをできるだけ少なく始めたい方や、小額から始めたい人は区分所有がおすすめです。

フリーダイヤルで
もっと聞いてみる
営業時間:10:00~19:00

東京日商エステムの不動産投資メディア
エステムマガジン

東京日商エステムでは、初心者が情報収集するのに最適なメディア「エステムマガジン」を運営中。まだセミナーは敷居が高いし…と考え中の方は、ぜひ読んでみてください

東京日商エステムの不動産投資メディア エステムマガジンのキャプチャ
不動産投資について他に気になる
疑問を検索
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
  
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書