初心者のための不動産投資全書 » プロが初心者のあなたにだけ教える「不動産投資の基礎知識」 » リート(信託)と不動産投資の違い

リート(信託)と不動産投資の違い

ここでは、リート(不動産投資信託)と普通の不動産投資の違いを確認します。同じような名前ですが、中身はかなり違います。

不動産投資と似ているようで実は違うリートとは?

リートとは、投資家から資金を集めた不動産投資法人という組織が、その資金で不動産を運用し、得られた家賃収入の多くを投資家に分配するという仕組みの金融商品。一口10万円程度からの投資が可能なので、少額から不動産投資を始めたいという方に、広く人気の商品です。

実物の不動産物件とは異なり、株式と同じように、東京証券取引所を通じてリートを購入することが可能。定期的な分配金に加え、タイミングが良ければ売却益も得られる可能性もあります。

ちなみにリートの投資対象は、オフィスビルや商業施設、ホテルなどさまざま。住宅への投資が中心となる不動産投資とは、投資対象が大きく異なります。

Jリートのメリット・デメリット

Jリートの主なメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

利回りが高め

株式に比べると、リートのほうが利回りは高めです。ただし、不動産投資よりは利回りが低めになることが多いようです。

比較的小口の資金で投資を始められる

最低でも数百万円を用意しなければならない不動産投資に比べ、リートは10万円程度から投資を始めることが可能です。

流動性(換金性)が高い

株式と同じように、市場を通じてすぐに売却(現金化)することができます。

プロに運用を任せることができる

不動産に精通したプロに運用を任せることができます。

リスク分散しやすい

不動産投資とは違って一口の金額が安いため、複数の口を購入してリスク分散することが容易です。

デメリット

値動きが激しい

株式と同様に、毎日、激しく値動きします。売却のタイミングによっては、損失を生むことがあるでしょう。

節税効果を得られない

リートには、不動産投資における減価償却などの概念がありません。よって損益通算による節税効果を狙うことはできません。不動産に適用される相続税の優遇措置も、リートには適用されません。

リスクコントロールが難しい

投資する不動産物件を投資家が選ぶことはできないため、不動産投資に比べ、リスクコントロールが難しいとされています。

リートと不動産投資との違い

上記のメリット・デメリットも踏まえ、あらためてリートと不動産投資の違いを整理しましょう。

リート 不動産投資
  • 10万円程度の小口から始められる
  • 投資対象はさまざま
  • プロに運用を一任する
  • 換金性が高い
  • 値動きが激しい
  • リスクコントロールしにくい
  • 節税効果はない
  • 分散投資しやすい
  • 最低でも数百万円なければ始められない
  • 投資対象は主に住宅
  • 自分で物件を購入して運用する
  • 換金性は高くない
  • 物件自体の値動きは非常にゆるやか
  • リスクコントロールしやすい
  • 節税効果が高い
  • 容易に分散投資はできない

不動産投資とリートはそれぞれどんな人に向いている?

不動産投資とリートの違い理解したところで、それぞれの投資法がどんな人に向いているのかを確認してみましょう。

不動産投資が向いている人

市場環境の影響で大きく値動きするリートに比べ、一般に、不動産投資をとりまく環境が急激に変化することはありません。だからこそ、比較的安定した環境の中で資産運用したいという方には、リートよりも不動産投資のほうが向いていると言えます。

また、自己資金を抑えて(ローンを活用して)レバレッジを効かせた投資を行いたいという方や、担保価値を活用して投資の範囲を拡大していきたいという方にも、不動産投資は向いていると考えて良いでしょう。

リートが向いている人

不動産投資に比べ、少額から運用を始められるのがリートの特徴。自己資金の範囲内で無理のない投資をしていきたいという人には、不動産投資よりもリートのほうが向いているかもしれません。

また不動産投資とは違って、リートは市場を通じてすぐに売却することができるので、緊急の現金化の可能性がある資金を運用する際には、不動産投資よりもリートのほうが合っているでしょう。

不動産投資のプロ

リートをきっかけに不動産投資の勉強を始める人も多いようです

小口資金から始められる点や換金性が高い点など、リートには、不動産投資にない魅力がたくさんあります。不動産投資というよりも、むしろ株式投資に近いイメージでしょう。関心のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに、リートへの投資をきっかけにして、実物の不動産投資の勉強を始める投資家も多いようです。不動産投資に向けた第一歩としてリートを活用してもいいですね。

不動産投資について他に気になる
疑問を検索
この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
  
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書