初心者のための不動産投資全書 » プロが初心者のあなたにだけ教える「不動産投資の基礎知識」 » 不動産の少額投資

不動産の少額投資

ここでは、不動産の少額投資について解説します。なお不動産の少額投資と言うとリートが考えられますが、当ページでは、あくまでも実物の不動産投資に関して解説しています。

そもそも不動産投資は少額で始められるの?

「少額で不動産投資を始める」と言う際の「少額」について、厳密な定義はありません。

一般には1000万円を超えない物件への投資を指して「少額投資」と言うようですが、ほかにも、自己資金を少なくしてローンで不動産投資をすることを「少額投資」と言うこともあるようです。これらを不動産投資における「少額」と考えた場合、もちろん問題なく不動産の「少額投資」は可能です。

少額で買える不動産の種類

1000万円以下で買える物件を「少額」とし、かつ投資対象を住居用不動産と仮定した場合、次のようなタイプの物件に投資することが可能です。

区分所有の中古マンション

区分所有のマンションのうち、中古物件であれば1000万円以下で購入することも可能でしょう。築古のワンルームマンションであれば、都内でも1000万円以下の物件が見つかります。

区分所有のアパート

区分所有のアパートであれば、中古はもちろんのこと、新築でも購入できる可能性があります。ただしアパート投資の場合、区分所有は非常にレアなケースであり、大半が一棟所有となります。一棟所有のアパート投資の場合、新築はもちろん中古でも1000万円以下での購入は難しいでしょう。

少額投資のメリット・デメリット

少額投資のメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

  • ・投資金額が少ない分、リスクを軽くすることができる
  • ・少額なのでローンを組みやすい
  • ・入居者さえ確保できれば高利回りが期待できる
  • ・短い期間でローンを返済できる
  • ・精神的な抵抗なく不動産投資を始めやすい
  • ・新築に比べ、運用中の家賃の下落幅が低い
  • ・将来、大きな不動産投資をする上での勉強になる
  • ・サラリーマンの副業として手頃
  • ・減価償却費で損益通算をすれば所得税・住民税が安くなる可能性がある

デメリット

  • ・投資金額が少ない分、得られる利益の額も少ない
  • ・築古物件の場合、集客が難しいこともある
  • ・修繕費が高くなる傾向がある
  • ・築古物件を担保にしても、新たな融資を受けにくい
  • ・売却したいときに買い手が現れにくい

不動産投資のプロ

都市部のワンルームなら効率良く運用できる可能性あり

少額投資の場合、多くは中古の区分マンションへの投資になることでしょう。とりわけ都市部のワンルームであれば入居率が高いため、少額投資とは言え、比較的効率良く運用できるのではないでしょうか?

ただし、くれぐれもご理解いただきたい点がひとつ。それは、少額投資で大きく儲けることはできない、ということです。

不動産投資の世界には「不動産に掘り出し物なし」という言葉があります。安いには安いなりの理由があり、高いには高いなりの理由があるのが不動産投資です。その分かりやすさこそ、不動産投資の魅力でもあります。その点も踏まえた上で不動産の少額投資を検討してみましょう。

不動産投資について他に気になる
疑問を検索
この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
  
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書