初心者のための不動産投資全書 » 現役大家に聞いた「不動産投資の本当のところ」 » 女性投資家

女性投資家

イメージ

M・Fさん(36)

独身女性が不動産投資を始めようと思うのはどんな時?
今後結婚するにしても独身で過ごすにしても、老後のための不労所得があるのはマイナスにはならないはず。
35歳で不動産投資を始めたM・Fさんに、女性×不動産投資のリアルについて話を聞いてみました。

きっかけは営業電話。他社では一度見送ったものの…

ーーいつから不動産投資を始められたんですか?
Mさん:昨年(2018年)の11月ですね。
最近ですね!どんなきっかけだったんでしょうか?
Mさん:一時期いろんな所から営業のお電話があって、他社さんをお断りしていたんです。うちの会社の社長がアパート投資をやっているのもあって、そういうものがあるっていうのは知ってたんですけど。
ーーそこからどんな心境の変化が?
Mさん:ちょうどエステムさんから電話をもらったとき、なんとなく「話を聞いてみようかな」と、なぜかその時は思ったんです。本当になぜかわからないんですが。
Mさんのイメージ
ーータイミングが合った?
Mさん:そうですね。本当にそれ。それで、この日の仕事終わりならと、ピンポイントで指定した日に、職場近くまで来てくださって。
ーー最初は緊張しましたか?
Mさん:少しだけしました。「ガンガン営業されたりするのかな」と思ったのですが、共通の趣味のスキューバの話で盛り上がって…そこから2時間くらい?(笑)。これ、今日何の話するんだっけと忘れそうになりました。本題の不動産投資の話に入りたいような雰囲気もなくて、本当に盛り上がったんです。
ーーそれで、何回会ったあとに契約したんでしょうか?
Mさん:その日にです。書類やちゃんとした契約は後日でしたが、その日のうちに「買います」と言ってました。かなり長い時間お話させていただいて、雰囲気や返答の内容で、この人なら信頼できるなと思えたことが、大きかったのかなと思います。
ーー不安はありませんでしたか?
Mさん:最初はもちろんありました!「怪しい」「騙されそう」とか(笑)。でも、話している間になくなってきました。あとは、空室とか地震のリスクもきちんと話していただいたり、直感的に「いいかな」と思ったので、最後は自分と営業さんを信じて、決めました。
ーー買いますと言ってから、不動産投資や東京日商エステムのことを調べたりは?
Mさん:しなかったですね。思い付く限りの不安事項やリスクはその場でお伺いすることができましたし、会社の説明も、過去の物件ですとか、管理の体制など、しっかりとしていただけたので。

生命保険代わりの不動産投資

Mさんのイメージ
ーーどんなところに魅力を感じましたか?
Mさん:生命保険代わりにもなると教えていただいて。プランをみても毎月3,000円くらいの支払いなので、本当に保険に入っているくらいだなと。
ーー確かに。
Mさん:あとは、管理も丸々お任せできるって所が大きかったです。さっき社長もアパート投資してるって言ったんですけど、社長は自分で管理しているみたいで、しょっちゅう「あそこが壊れた」「どこが壊れた」って電話をしているのを見ていて、「なんだか不動産投資って面倒くさそうだな」って思ってたんです(苦笑)。
ーー東京日商エステムさんの場合は管理も全部お任せですもんね。
Mさん:そうなんです。社長に「私がお付き合いしている会社は、自分で何もしなくてよくて、この金額ですよ」と話したら、すごく羨ましがられました。買っちゃうと後戻りは難しいので、最初の会社選びが大事だなと思います。私は運がよかったなって。
Mさんが購入した難波の物件のイメージ

Mさんが購入した難波の物件。立地も良く、東京の物件に比べて手ごろな価格ということもあり、早々に完売した物件です。

ーーなるほど。
Mさん:確定申告も、担当の税理士さんがやっていただけるって聞いて、「私、本当に何にもしなくていいんだ」って。
ーーたしかに(笑)。まだ購入して数ヶ月ですが、トラブルなどはないですか?
Mさん:はい。
ーーMさんの方から不明点を連絡したりなどは。
Mさん:今の所はないですね。まだ数ヶ月なので、今後あるのかもしれませんが。確定申告の時期がきたら、税理士さんにお願いしようとは思っています。

女性が投資を考え出す時期とは

ーー周りのお友だちで、投資をやられている方っていうのはいらっしゃるんですか?
Mさん:NISAをやっている子がいて、でもすごく計画的にやっているというよりは、臨時収入が入ったからと言ってました。でも、やっぱりちらほらそういう話が出たりする年代ですね。
ーーその時にNISAをやろうと思ったりは?
Mさん:そこまで興味がなかったですね。投資自体、そこまで考えていなかったです。マイホームを欲しいなとは思っていましたが。
ーーでは、本当に不動産投資を始めたのは、タイミングだったんですね。
Mさん:本当にそうです!
ーーちなみに、今後ご結婚とかされたとき、ご主人にマンションを持っていることは言いますか?
Mさん:言わないと思います(笑)。
ーー投資物件の2件目は購入をお考えになったりしていますか?
Mさん:その前に実は、さっきもちょっとお話ししたんですが、マイホームを買いたいなと思ってるんです。でも、東京は高いので、中々厳しいですよね。その前に2件目という気分になってしまうかもしれません。
ーーエステムさんは名古屋や大阪の物件も扱っていますからね。
Mさん:そうなんです。1件目に購入したのは大阪の物件なので、「こんなに価格が違うんだ!」とビックリしました。なのにお家賃はそこまで東京と差分がないので、お得な気がします。
ーー最後に不動産投資を始めようか悩んでいる人に一言お願いします。
Mさん:私は始めようと思って始めたわけではなく、本当にタイミングで始めただけです。逆に知識がつきすぎていないからこそ、よかったこともあるかもしれません。きっと、自分で色々調べるよりも、営業さんの話を聞いた方がわかりやすいです!「とりあえず1回話を聞いてみようかな」という、軽い気持ちでいいと思います。無理やり営業されたりとか、全くなかったので!
ーーありがとうございました。

編集部より

Mさんのお話を聞いていると、思い切りとタイミングは本当に重要なんだな!と思います。
あとは営業さんとの相性でしょうか。
当サイトの編集部員でも、不動産投資をしている現役大家は、2人とも、不動産投資を考えてから、買うまでの期間が最長で2ヶ月という短いものでした。しかし、2年ほど悩みつつセミナーや個別相談をたまにうけている編集部員Sは、いまだに購入しないまま…。もう購入した編集部員Aに言わせると「ウダウダ悩むのは時間のムダ!こういうのは決断力と行動力です」なんだとか。今回インタビューを受けてくれたMさんも、決断力と行動力があったという例ですね。
今回はMさんご担当の営業さんも一緒に来ていたのですが、楽しそうにお話しされているのが印象的でした。
ちなみに、スキューバのライセンスは営業さんよりMさんが上のようです(笑)。

フリーダイヤルで
不動産投資の資料を請求する
営業時間:10:00~19:00

不動産投資について他に気になる
疑問を検索
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書