初心者のための不動産投資全書 » 現役コンサルタントが教える「初心者不動産の投資の始め方」

現役コンサルタントが教える「初心者不動産の投資の始め方」

不動産投資とは?

不動産投資とは、購入した不動産物件を第三者に賃貸し、収益を得る投資法のこと。賃貸する不動産は、多くの場合、住居用不動産となります。なおかつ、一戸建てではなくマンションが投資対象の中心です。

不動産投資で収益を得る方法は?

収益を得る方法は主に2種類。1つ目が家賃収入、2つ目が売却差益です。前者をインカムゲインと言い、後者をキャピタルゲインと言いますが、大半の投資家はインカムゲインを目的に不動産投資を行っています。ちなみにキャピタルゲイン狙いの不動産投資は、プロでも難しいとされています。

資金はどの程度必要なのか

なお、不動産投資を行うには多額の資金が必要ですが、資金の大半は銀行融資を利用するのが一般的。よって普通の会社員や公務員でも、さほど無理なく不動産投資をスタートさせることが可能です。

たとえば、あるアンケート調査によると、実際に不動産投資を行っている人の約56%は普通の会社員。全体の約60%の投資家は、年収1000万円未満であることが分かっています。また、全体の約半数の人は、不動産投資歴4年未満の初心者とのことです。これらデータを見て、予想よりも不動産投資はハードルの低い、と感じた人が多いのではないでしょうか?

不動産投資について知ることから始めよう

株やFXなどに比べると、不動産投資はリスクの低い投資法と言われています。その理由は、不動産の価格には、株やFXのような激しい値動きがないからです。世の中の大半の物価に比べても、不動産価格の変動はゆるやかとされています。

ただし、いかにリスクの低い不動産投資とは言え、素人や初心者がやみくもに始めるものではありません。ある程度、不動産投資に関する基礎知識を身に付けてから投資に臨まなければ、大変な失敗をしてしまう恐れがあります。よって不動産投資を始めるにあたっては、不動産投資会社のセミナーなどに積極的に参加し、必要な知識をきちんと身に付けるようにしましょう。

無料セミナーもなんでもいいわけではない

なお、不動産投資に関するセミナーなどに参加する場合、セミナーを主催する会社をしっかりと吟味することが非常に大切。と言うのも、世の中に不動産投資会社は星の数ほどあり、かつ、それぞれの会社のサービスの内容や営業社員の質はまったく異なるからです。

セミナーに参加した会社とは、以後、何十年と長く付き合っていく可能性があります。その会社の過去の実績や経営哲学などをしっかりとチェックしたうえで、信頼できる会社かどうかを確認のうえセミナー参加の申し込みをするようにしましょう。

それでは以下が不動産投資の始め方について状況毎にまとめていますので、これから不動産投資を始めようとしている方は確認してみてください。

資料請求

不動産投資の資料請求

不動産投資を始めようと思ったとき、多くの人がまず行なうのが「資料請求」。

申し込むと連絡は来るのかなど、現役営業マンが時系列でご紹介していきます。もらえる資料の中身も、写真つきでご紹介しています。

セミナー

不動産投資のセミナーに行く

その会社を知るには、ぜひ行っておきたいセミナー。まだ個別相談までは決心がつかない…という場合にもオススメなのがセミナーです。

セミナーではどんな話が聞けるのか、レポートをまとめるとともに、現役営業マンによる「セミナーで聞くべき・見るべきポイント」も伝授します。

個別相談

不動産投資の個別相談を受ける

不動産投資初心者にはハードルが高い「個別相談」。

「いったいどんな会話が繰り広げられるの?」「どこで行われるの?」「押し売りされないの?」などなど、個別相談を受けたことがない人が持つであろう疑問・質問に、現役不動産投資営業マンが答えてくれています。

不動産投資の始め方

不動産投資の始め方

不動産投資に興味はあるものの、何からどう始めて良いのか分からない、という方もたくさんいることでしょう。

やみくもに始めてしまうと、のちのち、取り返しのつかないことにもなりかねません。不動産投資の初心者が踏むべき基本的なステップを確認しておきましょう。

不動産投資の始め方

不動産投資のリスクを知る

いかなる投資でもリスクがありますが、不動産投資にもリスクがあります。

不動産投資に将来の夢を描くことは大いに結構なのですが、夢とともに、リスクも十分に理解しておきましょう。リスクを理解することで対策をとることもでき失敗の可能性を減らすことができます。

とりわけ、空室リスク・地震のリスク・入居者同士のトラブルという3つのリスクについて、それぞれ確認しておいてください。

不動産投資の勉強

不動産投資についての勉強

かりに購入した物件の運営を管理会社に一任したとしても、物件の経営者ともなる投資家は、不動産に関して無知であってはいけません。

なぜならば、投資を続けるもやめるも投資家の意志次第だからです。知識なくして何事も判断できません。不動産投資家が身に付けておくべき最低限の知識、および勉強法についてご紹介します。

ワンルームマンション投資の将来性

ワンルームマンション投資の将来性

近年、ワンルームマンションへの投資が人気を集めています。一棟などと比べて金額が安く始められる点、また空室リスクが低い点が人気の理由のようです。

ただし、ワンルームマンションならどんな物件でも安心というわけではありません。メリットやデメリットを踏まえつつ、ワンルームマンション投資の将来性をご紹介します。

不動産の買い時

今は買い時?いつまで買い時?

空前の低金利時代を迎えている現在、ローンを前提にした不動産投資は、まさに「買い時」です。東京オリンピック、リニア開通、都市部での再開発加速など、低金利以外にも不動産投資への追い風はたくさんあります。

ただし、不動産投資ならば何でも儲かると考えるのは間違い。人口の移動状況なども踏まえ、より有利な投資を目指しましょう。

サラリーマン

サラリーマンが不動産投資をするときのポイント

銀行からの融資を前提とする不動産投資である以上、個人事業主などに比べて審査が通りやすいサラリーマンの方々は、不動産投資に向いた恵まれた身分です。運営を管理会社に任せてしまえば、本業に差し障ることもありません。

ここでは、サラリーマンが不動産投資をするときのポイントについてまとめました。

不動産投資のコスト

不動産投資に必要なお金

初期費用として数千万円を要する不動産投資だからこそ、「お金持ちしかできないのでは?」と思っている方が多いかも知れません。しかし、それは誤解です。条件さえ整えば、自己資金ゼロで不動産投資を始めることもできます。

不動産投資は決して特別な人たちだけのものではないことを、正しく理解しておきましょう。

不動産投資の始め方

不動産投資における立地の大切さ

不動産投資に失敗しないための大きなポイントのひとつに、物件の立地があります。具体的には、最寄り駅からのアクセスや物件周辺の設備などの立地条件が、長期的な不動産投資の成否を大きく左右すると言っても良いでしょう。たとえ目先の投資金額が高めであっても、立地の良い物件は空室リスクが低め。逆に目先の投資金額や安めであっても、立地の悪い物件は空室リスクが高め。不動産投資をするにあたっては、目先のことではなく、長期的・将来的なキャッシュフローを考慮して物件選びをすることが望まれます。

そのほかに読まれている人気の記事

不動産投資全書ロゴ

不動産投資のプロ全監修!初心者が知っておくべき不動産投資全書

不動産は初心者でも始められる投資として人気があります。しかしインターネット上には様々な情報があります。そこで初心者のためだけのサイトを見ることで何から学べばいいか理解できるでしょう。初心者の方こそ参考にしてみてください。

不動産投資始め方の説明

不動産投資全書の全面協力「東京日商エステム」とは

当サイトは株式会社東京日商エステムに監修をいただき間違いのない情報で初心者が損をせず、学ぶべき情報を発信しております。

そんな東京日商エステムとはどんな会社なのか。特徴などを紹介しています。

不動産投資をこれから検討している初心者必見!

不動産投資について他に気になる
疑問を検索
初心者のための不動産投資全書

初心者のための不動産投資全書